2010年10月29日

負け続けるを科学する パチ王子。





本日もアクセスありがとうございます。






さっきまで近所のオジサン&オバサンと一緒にご飯を食べてました。








ボキを知ってる人には、意外だねと言われることが多いんですが、ボキは結構ご近所付き合いがあります。





中高年に受けがイイっていう、なぜか知らない特殊能力がありますね〜。







記事に書いてるってことで、今日一緒にご飯してた夫婦もやっぱりウチのホールの常連さんなんですケド。





今日は会話の中に出てきた、「ウチのホールのヌシの○○さん」についての話です。







この○○さん、仕事してません。が、金があります。昔、記事には書いちゃいけないような事をして金を儲けてきた人種です。





なので、パッと見はやはり輩ですし。でも、仲のいい人にはイイ人です。この人種に特有ですよね。







さてこの○○さん、やっぱりかなり負けてます。







今日は常連夫婦とこの人の話をしていたんですが、「なぜそこまで負けれるのか?」。








常連夫婦は、オカルトながら、少々勝っているってこともあり、この○○さんへの評価はいいものがありました。ちなみに常連夫婦と○○さんはめちゃくちゃ仲がいいんです。







さて、そのボキなりの見解です。○○さんだけにとどまらず、ず〜っと負けてる方って置き換えると、結構一般的な理論になると思いますよ。






負けてる理由 第 1 位




個性的すぎるパチンコ(スロ)理論を持っている。





誰しも自分なりのパチ・スロ理論ってのは持っていると思います。それが、乱数であったり回転数系のオカルトであるならば、正誤を問わず多数派です。



が、このお方はスバラシ過ぎる理論をお持ちで、誰も理解が出来ません。




もし、時代が時代ならば、歴史の教科書に載っちゃうような、そんな華のあるお方です。





例としては、




「この台はモーニングあるんだよ〜。知ってるか?(パチ)」




「朝イチ1000円で光ったから設定変更だ(スロ)」






みたいな感じで、ボキもリアクションには困ります。細心の注意を払って応答します。夢を壊さぬように・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




ちなみにお客さんのオカルトっていうのは、直接お客さんから講義を受けるので、大体は知ってますし、ありふれたもんです。




が、この○○さんのオカルトは、




「あ〜、今日はそう来たか」




みたいな、直樹賞作家もビックリな想像力で責めてきます。





気を抜いていると、鼻水が飛び出そうになります。ブッって。






まず、ボキからの一言としては、




「負けている人間(時)の理論って言うのは、果たして当っているのか?間違っているから結果でないんじゃね〜のか?」





です。自分自身にも当てはまることで、負けた日はボキは1日の立ち回りから店選びに至るまで、すべて考えます。






負けてる理由    第 2 位







フィーリング





です。




パチで言うなれば、回転率(1Kベースなんか)。スロで言えば子役落ち。





一番コワイんですよ、フィーリング。






ぶっちゃけその時の気分次第ですし。






○○さんは、「今日はよく回るわ〜」とゴキゲンでも、




実際ヘソは前にならえ状態だったり。





ブドウが落ちる(ジャグ)と言いつつ、最初の3Kで見切ったり。






もはや神の領域。凡人のボキが口をはさんじゃイケナいゾーンだってことはわかってます・・・・・・・。









負けてる理由   第  3  位





イベント無視






どうせ毎日いるんだったら&釘見れなかったり、設定差知らないんだったら、ちょっとでも勝率のいい勝負をしてもらいたいものです。






が、男には負けるとわかっていても受けなければいけない勝負がある。・・・・・・みたいです。






鉄のように硬い意思は、数時間後には 遺志  に成り果ててます。






皆さんも、背伸びをせずに、自分のスキルにあった立ち回りをしましょう。





例えばボキはMAXタイプを敬遠します。




これは、自分のお財布事情&目標収支





を考えてのことです。もちろん、このチョイスに至った時の、残り営業時間なんかも考えます。









負けてる理由   第  4   位







・デカいのを狙っている。






松方弘樹を否定してるワケではありません。





パチ・スロにおいて、デカイのを狙うってのは、それなりのリスクってもんがあります。







スペック的に、低投資でデカいリターンが見込めるような台があったとするならば、ホール側がそのままほっとくワケはないですし。そして、そんな状況では、他の客との競争も激化します。






稼働時間が十二分に確保できるならば、






毎日ちっちゃなことからコツコツと。





もちろんタマにでかいの狙うのはイイと思います。






大振りは禁物ですよ。










負けてる理由   第  5  位






神が存在を認めていない







「あ〜、そこでそれ引いちゃう?」





みたいな、華のある負けっぷりを惜しみなく連発させられる人っていますよね。






○○さんもその一人。





が、結果論なわけで。






収束派のイタイ人々ならば、そのうち収束するなんてお気楽な考えでしょうが、





そのたたき出した数字は不変のもの。そして、また次回から今までどーりの確率の乱数を取得する。





ので、それ以降、別にプラスに何らかのベクトルが発生することはありません。







といえども結果は結果。






ボキだってかわいそうって思うことは多々あります。






客にドン引き。






そのシマをなるべく避けて通ります。








以上、パチ王子がお送りする負ける要素のお話でした。







最後まで読んでくださった皆さんの中に、上記の5つに該当しちゃってて不安って方がいらっしゃるかもしれません。






が、気にする必要はまったくありません。






まず、このボキのカス理論が当ってるのかわかんないです。







ギャンブルって、なかなか正解のないものだと思いますので、個々のスタイルで向き合うのが一番いいかな?と、店員としては思います。









というわけで、最後までお付き合いありがとうございました!








「はな」様。かなりお体に優しくない時間にコメントいただきましてありがとうございました。







前回記事は、反響が全くないと思っていたので、コメントくださったコトはオドロキですよ。






が、そこは「はな」様。この手のマニアックネタはお得意ですもんね。






またのコメント楽しみにお待ちしてます!








では股!





posted by パチ王子 at 21:03| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | カス理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

自称なんですけどね。





本日もアクセスありがとうございます!






連日のコメントありがとうございます!






「ピーカープリンコ」様 、 「はな」様 、 「ういみー」様。(投稿順です。)







前回記事にて、お3方とのやりとりをさせていただいてます。





お3方のコメントで、すでに記事1つ分のボリューム&記事1つ以上の内容があると思いますので、ぜひ皆様も前回記事のチェックをお願いします。






が、ケータイからお越しの方、記事とコメントのボリュームがかなり多いので、見づらかったらすいません。







さて今日のお題は、










 プロ 〜会員カードの職業欄はなぜか会社員〜








です。






プロ。




もちろん、パチ&スロで利益を得ている人を指します。






人によって解釈は様々ですし、






完全に、





自称。





他人が「アンタはプロ」と言っていても、「いやいや、ちがうから」と本人が否定すればプロではないです。





今回は、ボキ的な解釈を書かせてもらいます。







・ パチ&スロでコンスタントに利益を上げている。






書かなくてもいいようなことですね。

この、コンスタントにが、パチファンとプロの違い。運だけでも ひと月 ぐらいならプラスになっちゃいます。


スパンですが、


年単位ぐらいでいいのでは?


ただ、これが稼働を続ける限り、永遠にです。






専業(稼働のみの収入しかない。)とかは関係ないです




株をやってる人もいます。その他、何かしらの自営業の傍らに稼働してる方もいますし。ライターとかもそうですね。










が、生活費はある程度、稼働で出している。





ボキは、実家暮らしで、食費も親負担みたいなコゾーをプロとしては認めません。



18歳以上であるはずなので、自分の生活費は自分で出すのが当たり前だと思います。



プロという肩書きは、どの業界でもいっぱしの社会人です。



ので、保護されているようなアマちゃんは認めません。


たまにいますよね?「パチプー・スロプー」で勝ってるみたいな人。自分のチカラで生活できないのならプロではない。




ただ、プロ格闘家でも他に仕事してる人がいます。ミュージシャンでも。なので、専業である必要はないかも?と思います。






・ナゼ勝てたか?負けたか?が理解できている。




これがわかんないと、少し知識があるファンの域だと思います。




運が良くて勝ったときに、「釘がいいから」とか、「設定がよかったから」なんて本気で思っていたら、その先はアブナイのでは?と思います。







少しぐらい不運でも、プラス収支に持っていける。





かなり重要なポイントではないでしょうか?




いつも理論値以上のヒキをたたきだせるってことはない。




理論的には、 いい   悪い   は50:50です。




ヒキが良くて勝てるのは当たり前。ヒキが良くて負けているならば、その台はカス。技術も足りないでしょう。


悪いときでも、多少の振れならばプラス収支が出せる「 ウデ 」 や 「 台選び 」。コレがあるかないかでしょうね。






先を見ている。





この前も書きましたが、抜けばいいって思ってるカス連中が最近多すぎるんです。



昔のパチプロとかは、この辺をすごくしっかりしてたのにな〜。



ボキの知り合いで、スロプロ軍団の仕切りをやってた人がいます。その人の名前が付いて、



○○軍団  




って周囲からは呼ばれてました。本人たちがそういっていたかはわかりません。




その人なんかは大勝しちゃった月なんて、




スロ吉宗の1で飲ませてました。




ちなみにボキにいろいろ教えてくれたこともありました。パッと見は加藤タカみたいなウサンクサイ人だったんですけど。





ま〜要するに、    自分の出入りするホールを育てられる人  ですよね。





遊戯態度もそうですし。やたらに店員を使うと、人件費なんかにもしわ寄せが来る可能性があります。備品を壊すなんてもっての外。






仕事としての自覚はあるのか?





ま、上のに近いんですが。




遊びではなく仕事として稼働できているか。空台に座って遊戯観戦したりとか、掛け持ちなんかしてるようなヤカラはまだまだガキですよ。




お客さん・ホールに迷惑をかけない。   




「自分は客ではない。」  これがしっかり理解できていること。








こんな感じですかね。




見ていただいてる皆さんとの温度差はあるでしょうが、ボキの見解はこうです。






もちろん書き足りないトコはありますが、あまりダラダラ書くのもちょっと。








というわけで、今回の記事も、お叱りや批判などはありがたくスルーさせていただきます。






今日の記事は、前回記事にいただいた「ういみー」様へのお返事も兼ねて書かせていただきました。ご満足いただけると幸いです。





パチ(スロ)プロ。





ちやほやする人なんかもいますが、ボキとしては、人様に誇れるような仕事ではないと思います。むしろウザイ。




が、プロをやっている人には、誇りと自信をもってやっていってもらいたいと思います。





自分のやっている事にひたむきな人は、ボキは好きです。






以上、カス王子がお送りしました。








最後までお付き合いありがとうございました。





では股!









posted by パチ王子 at 19:51| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | カス理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

乱数・・・・。





本日もアクセスありがとうございます。





今日はうちのホールの機種別台粗利の一覧を見てました。






意外に一番粗利が低かったのは・・・・・・・・・・?
(玉粗利が低い=お客さん的に一番安く遊べた)










シンデレラ・ボーイ







で、一番粗利が高かったのは・・・・・・・?









あおい輝彦が声優のタイアップ機。







でした。









さて、今日は、







パチ王子的、「 乱数 」  の話です。





といっても、今日は大当たりの乱数のみのお話。





乱数っていうのは、パチンコ玉がヘソ(チューリップ)に入った時に絶対に抽選されるクジみたいなもんです。


もちろんそのクジには「あたり・はずれ」があります。







さて本題。





例えば1日に、ミドルタイプのパチンコを約3000回転させたとします。これは、おおよそ朝から夜まで回した時の回転数ですね。





この稼働で、大当たりを20回引いたとします。



(機種・展開・回転率にもよりますが、大体 5000〜10000発ウキぐらいだと思います。)






これって・・・・・・・・・・・・・・・・・。






当たり前ですが、アタリの乱数を20回しか引いてないんですよね。







ということで、







3000回転で40000発打ち込むじゃないですか(電サポ中、アタリ中も含む)。

補足・ 1分間の打ち込みスピードは約100発。1時間で6000発。ということで、40000発が多く感じる方いるかもですが、皆さん知らず知らずに結構打ち込んでるんですよね。ちなみに打ち込みはただ単に打った玉数で、玉の増減の数値ではないです。)







その4万発中、




有効打はたったの 20発





もちろん確変中も込みで。





まさに神のご加護ですね。





1日稼動し、総アタリが10回とかだったら結構な負け。




でも、勝ちと負けって、たった10発程度の有効打の違い。





ホントにたった1発の玉でその日の収支がガラッとかわっちゃうんですね。






スロも同じ。




例えばアイジャグで、





BB20 バケ18  とかだったとします。






アタリに直結したレバーオンって、




たった38回だけ。







う〜ん、パチ・スロって奥が深い。






長期で見れば大きな差ですが、1日の収支が安定しないのもうなずけますねっ。







最後までお付き合いありがとうございました。






前回記事に、「はな」様。「ピーカープリンコ」様からコメントいただいてます。





お2人にはボキの思いが届いたみたいでウレシイですね。またのコメントお待ちしてます。コメントありがとうございました!







皆様も再チェックをお願いします。






では股!










posted by パチ王子 at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カス理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。